キャプテン


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/badnabe/e-48106.com/public_html/wp-content/themes/badonabe2016/single.php on line 40
バドミントン短編小説

男子バドミントン部に所属する山根と赤倉。

キャプテンとマネージャー、立場は違えど固い友情で結ばれたふたり。

そんな彼らがのぞむ最後の大会。

果たして結果は・・・

スポンサード リンク


授業終了のチャイムで居眠りから目覚めて、更衣室に全力ダッシュ。

ヒリヒリするおでこをさすりながら、教室のドアを乱暴に開ける。

「廊下は走らない」が学校の常識なのだが、そんなことに構っていられない。

抱えた荷物が脇腹を打つ。


ジャージに着替えると、強引にシューズを履いて体育館へ。

力いっぱい扉を開けるとワックスの匂いがした。


誰もいない体育館、いつものようにモップをかけて必要な用具を出す。

ちょうどネットを張り終わって一息ついていると、部員たちがシューズを鳴らしながら入ってきた。


僕に気づくと元気に声をかけてくれる。

負けないくらい元気にあいさつを返した。


僕たちは、まもなく開かれる大会に向けて猛練習中だ。

3年にとっては最後の大会だ。


僕はマネージャーをやっている。

1年の終わりまではプレーヤーとしてがんばっていたが、ひざを痛めて引退した

それでも、何かの形でバドミントンに関わりたいと思って、この仕事をやっている。


練習が終わるのは夜9時過ぎ、外は真っ暗だ。

学校側はなかなか承知しなかったが、最後の大会にかける僕たちの意気込みが通じて、この時間まで練習ができるようになった。


片付けもひと通り終わって、そろそろ帰ろうかと思っていたときだった。

後ろから声をかけられた。


「何だ、まだ残ってたのかよ」


今年、部長になった赤倉だ。

クラスは違うが、新入生の頃から一緒にがんばってきた一番の親友だ。

この部活で、3年生は僕と赤倉のふたりだけだ。


「帰ろうぜ、もう遅いよ。」

「ああ。」


学生服に着替えた僕たちは、無言のまま帰路についた。

星のない空に、月がひとつだけ青白く光っている。


赤倉が僕を呼びとめた。

振り向くといつもの笑顔があった。


「大会、勝てると良いな。」


時間というのは、欲しいときに限ってないものだ。

あっという間に日は流れて、能天気な晴天の下、大会が始まった。


コートの中には、肩で息をする赤倉がいた。

赤倉はこのゲームに勝てば次の大会に進める。


長い付き合いだからわかるけれど、彼は人の面倒を見るようなタイプじゃない。

厳しい課題を自分に課して、ひとりでコツコツ進む職人肌の人間だ。


それでも、キャプテンになってからは、みんながうまくなるための練習を考え、休日にはひとりで自主練をしていた。


後輩たちと衝突することもあった。

ふたりしかいない3年のひとりとして、ずっとずっと苦しんできた。


負けて欲しくなかった。

こんなにがんばって、ここまできたんだ。

お前だって、もっともっとバドミントンやりたいだろ?


コートの外からこんなことを言うのは、身勝手だとわかっている。

だけど言わずにはいられなかった。


「がんばれ。がんばれ赤倉!!」


最後のスマッシュは、わずかにアウトだった。

騒がしい体育館の中で、シャトルがコートに落ちる音がはっきりと聞こえた。


アウトの判定に、グッと天井を見上げた赤倉は、今にも倒れるんじゃないかと思うほど弱く見えた。

だけど、最後まで誰の手も借りずにゆっくりとここまで戻ってきた。


そして、部員たちが次々と言葉をかける中、僕の前で崩れるように床に手をついた。

途切れそうに小さい、震える声で言った。

床に大粒の涙がこぼれ落ちた。


「すまん、山根。」

「えっ!?」


ふと気がつくと部員たちが全員、僕たちに頭を下げていた。


「山根さん、長い間お疲れ様でした。」

「今まで本当にありがとうございました。」

「ずっと助けてくれたのに、次の大会連れていけなくてすみません。」


僕は何のことかわからずに呆然としていた。

次々と僕たちにかけられる言葉。


周りの景色がぼやけはじめた。

そこで始めて、僕は自分が泣いていることに気がついた。

赤倉も泣いていた。


誰かが頭からタオルをかけてくれた。

体育館の照明が妙に柔らかく、優しく見えた。


スポンサード リンク

関連記事

  • TIME
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/badnabe/e-48106.com/public_html/wp-content/themes/badonabe2016/single.php on line 97
    バドミントン短編小説
  • Last Chance
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/badnabe/e-48106.com/public_html/wp-content/themes/badonabe2016/single.php on line 97
    バドミントン短編小説
  • Dear my sweet time
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/badnabe/e-48106.com/public_html/wp-content/themes/badonabe2016/single.php on line 97
    バドミントン短編小説
  • Life is・・・
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/badnabe/e-48106.com/public_html/wp-content/themes/badonabe2016/single.php on line 97
    バドミントン短編小説
  • Blue Umbrella
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/badnabe/e-48106.com/public_html/wp-content/themes/badonabe2016/single.php on line 97
    バドミントン短編小説
  • Snow White
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/badnabe/e-48106.com/public_html/wp-content/themes/badonabe2016/single.php on line 97
    バドミントン短編小説