バドミントン用具解説 シャトルのコルクについて

シャトル

バドミントンのシャトルは、コルクに16枚の羽根を取り付けて作られます。

規約ではこのコルクは、直径25mmから28mmで、底は丸くなければならないと定められています。

このコルクは、使われる素材によって、大きく天然コルクと合成コルク(人造コルク)にわけられます。

それでは、それぞれのコルクを使用したシャトルの特徴を見ていきましょう。

天然コルクを使用したシャトルの特徴は、打ち応えのある打球感。

国内の主要な大会でよく使用されるのは、この天然コルクを使ったシャトルです。

しかし、天然素材のため、コルクの産地・その年の気候・保管状態・個体差などで、品質にムラが出やすいというデメリットもあります。

一方、合成コルクを使用したシャトルは、一貫生産で品質が安定しているのが特徴です。

そのため、世界的な市場では、合成コルクベースを使用したシャトルが主流になっています。

メーカー各社は、この特徴を踏まえた上で、2層構造にしたり、素材を工夫したりして、品質とコストのバランスを取っています。

参考:
バドミントンシャトルの本当の見分け方・選び方徹底解説サイト


スポンサード リンク

関連記事