第2種検定合格球とは-シャトルのルール

シャトル

公式なバドミントン大会で使用されるシャトルのうち、第2種大会での使用が認められているのが第2種検定合格球です。

第2種大会というのは、日本バドミントン協会の加盟団体が単独で行う大会のことです。

第2種検定合格球は、日本バドミントン協会による検定を受け合格したシャトルで、その基準は以下のように定められています。

素材には第1種検定合格球同様、合成素材の使用は認められておらず、天然の羽根を使用しなくてはなりません。

ただ、材料には原則としてガチョウ、またはアヒルの羽根を使うこととなっています。

このシャトルの筒には、日本バドミントン協会が発行する銀色のシールが貼られています。

ちなみに、第1種検定合格球が第2種大会でも使用できるのに対し、第2種検定合格球を第1種大会で使用することは認められていません。

大会はもちろん、強豪チームの練習にも使用されるシャトルです。

参考:
バドミントンシャトルの本当の見分け方・選び方徹底解説サイト


スポンサード リンク

関連記事